[冒険者ギルド物語2攻略] 森の地下 実験室 

冒険者ギルド物語2の私的攻略記事

アマゾネス

アマゾネスといえば使いにくいイメージが強いかと思います。

 

剣倍率1.3は優秀ですが、実質1.9倍持ちのエンキドゥがその他スキルも合わせて超優秀です。

種族スキルは悪くありませんが、これまたアタッカーとして優秀なサキュバスも持ってたりします。

あとは低い追加ダメージと効果が低い変換と…ステータスも目立つものはない…。

 

とまぁ一見不遇な種族なのですが、そう見えるのも無理はありません。

なぜならアマゾネスの真価はステータス画面の外にあるからです。

 

・性別:女 のメリットを最も活かせる。

・種族専用装備「剣と弓術」により、武器の遠近と隊列に囚われない運用が可能。

 

敵の攻撃が強い、石化攻撃が怖いなど、前列に多くの壁を配置しなければならない戦いではどうしてもメインアタッカーは後列の狩人や剣聖になります。そうした場合にサブアタッカーやサブアタッカー兼補助など、器用な立ち回りでパーティーに貢献できるのがアマゾネスなのです。

 

なお、異常なスキルラインナップを持つマリーさんは別枠です。

 

また、個性1は賢聖の家系がおすすめ。女性専用装備から変換系のスキルをとれることが多いですし、現職秘法剣士にも相性が良いです。剣倍率を更に活かすために傭兵経験を選びたくなるところですが、そうするとエンキやマリーの劣化になりやすいのでおすすめしません。

 

さて、ここで遠近両用の有用性について掘り下げておきます。

 

これにより隊列を選ばずに配置できるということ以外にも、通常ではありえない装備の組み合わせが可能になります。

 

例えば特効装備の違い。剣は元々の性能はどうしようもなく低い代わりに称号引継ぎで簡単に壊すことが可能なので、宝石を合わせるとそこそこ強くはなります。ただし、弓は元々の性能が高くアルテミスの弓にいたっては3種特効、引継ぎもそれぞれ可能で伝説や恐ろしいまでなら作ることは難しくありません。ハッキリ言って特攻装備は弓の方が強いのです。言い換えれば剣で特効1.6倍をとろうとしたら全体のキャラ性能の低下を招くということです。ところがアマゾネスであれば特効は弓からとって主力装備は剣にするということが可能です。剣倍率を加味しても弓の方がステータスを多くとれますし、アルテミスの弓の代わりはありません。

 

他にも色々あります。

秘法剣士などで高速行動が欲しいときは、最初のやロケットブースターに頼らずとも与一の弓でOKです。ついでにステータス上昇や力+1を得ることができますね。

前線で戦いながらミラクルボウの様々な恩恵を得ることができます。

弓を主体に戦いながらもヴァルキリーソード、クイーンビュート、魔王の爪などの強力なスキルを持つ近距離武器を利用できます。

後列から刀を振ることも可能。攻撃回数が確保できていれば倍率がなくとも高攻撃力ですし、七支刀のように強力なスキルを持つものもあります。

 

全てを活用することはできませんが、他の種族にはできない戦い方が可能だということです。

 

 

秘(剣)聖

変換をフル活用!剣と弓と魔法で戦闘!
変換を活かすアマゾネスのビルドの中では最有力候補。高い剣倍率を利用してステータスを底上げできます。剣倍率が2.37倍、魔法攻撃力&魔法回復量が2倍となるため、エンキやサキュバスの秘剣と比較しても剣から取れる変換ステータスは同等以上になります。
以下の2点がポイント。
 
⑴魔法攻撃力・回復量は剣からとりましょう。
⑵弓の装備は必要最低限で。必要スキルをとる程度にしておきましょう。
 
*サキュ秘剣との比較
職業が同じこともあって似たようなスキル構成になります。主だった違いは↓
アマゾネスの優位点:剣倍率、ステータス上限、遠近両用、女性専用装備、回復量攻撃変換10%、混乱に強い、物理結界Lv2
サキュバスの優位点:アイテム命中精度2倍、魔法反撃、精神感応、吸収、回復量攻撃変換30%、アイテム枠+2、ワンド倍率、成長倍率
 
▼おすすめポイント
①遠近両用
やっぱりここが最も大きなポイント。上の方でしつこいほど触れていますのでそちらを参考に。
②特定の迷宮で大活躍できる
魔法への反撃があり、その発動率を倍にすることができるため、魔法が飛び交う迷宮では攻撃頻度がかなり上がります。個性2とサキュバススーツの効果、もともと混乱に弱い種族ではないことで、高い混乱耐性を保持できます。素早く動かす必要がある秘法剣士が混乱すると大変なので、ここはメリットとして大きいです。また、妖精の剣を持たせることで、1度だけ態勢を立て直すこともできます。
霧の森、森の地下、ファミリアの町などで強いです。
 
 ▼問題点や課題
❶装備枠を圧迫されやすい
アマゾネスの性能を発揮するための必須となる装備が多いので、自由度はあまり高くありません。
❷装備の敷居が高い
真価を発揮するに変換系の装備や神魔レアが必要不可欠です。用途からしてかなり後半向きなので、それほどの問題にはならないかもしれませんが。
❸打たれ弱い
体力最大値が30であること、秘法剣士のLv70スキルがあるものの、種族職業個性からは耐性を何もとれれず、防具を組み込むアイテム枠の余裕がほぼないため打たれ弱くなりがちです。
 
▼持たせたいアイテム
⒈弓と弓術、サキュバススーツ、アルテミスの弓、クイーンビュート
必須装備。
⒉神魔の守護剣、僧侶の守護剣、竜王の剣
とにかく高い称号のものに宝石をつけて装備させます。ステータスはこのあたりで確保。
⒊妖精の剣
眠りや混乱が多い場所で。これ1本で1事故を防げます。
⒋クリスナイフ・魔王の爪
剣ではないけれど、変換スキルが取得できます。
 
▼持たせたい超レア
魔法回復量からの変換もの
全てが見える、残像が残る、奇跡的ななどを優先して。魔法回復からの変換が主となるので、魔法攻撃からの変換は後回しでも良いでしょう。
⒉幸福なる
攻撃耐性を高めつつ魔法耐性を磐石に、全体回復もこのビルドなら無駄になりません。
 

忍(剣)聖

戦える忍者筆頭!
時短効果は大きいもののアタッカー起用はなかなか難しいのが忍者。序盤は忍ロが猛威を奮いますが、3章以降くらいはそうはいきません。その忍者を有効活用できるのがこれです。ただし回避を意識して稼がないといけない分、こちらの方が若干難しいです。
以下の2点がポイント。
 
⑴回避を過信しすぎないように。剣からとれる分で運用することになるので最前列で壁までこなすのは難しいです。
弓の装備は必要最低限で。必要スキルをとる程度にしておきましょう。
 
▼おすすめポイント
秘剣とほぼ同じ
ブーストがないので結界を破壊するという仕事はこなせませんが、回避を基点とした反撃が重要なので、秘剣よりは前衛向きです。
 
▼問題点や課題
これまた秘剣と同じ
回避が上がってもHPは低くなることや剣倍率が低くなることで、総合的にはさらに打たれ弱くなります。アイテム枠が2つ増えますが、その分は必殺連撃の書と達人の書で埋まってしまいます。
 
▼持たせたいアイテム
⒈弓と弓術、サキュバススーツ、アルテミスの弓、達人の書、必殺連撃の書
必須装備。
⒉神魔の守護剣、僧侶の守護剣、忍者の守護剣、竜王の剣
とにかく高い称号のものに宝石をつけて装備させます。ステータスはこのあたりで確保。
⒊剛弓サジタリウス
攻撃威力と必殺威力と力+1をとれます。
 
▼持たせたい超レア
魔法回復量からの変換もの
全てが見える、残像が残る、奇跡的ななどを優先して。魔法回復からの変換が主となるので、魔法攻撃からの変換は後回しでも良いでしょう。
⒉必殺威力が増加するもの
知られざるはもちろんのこと、投擲用の、選ばれしなどが相性良し。
 
広告を非表示にする