[冒険者ギルド物語2攻略] 森の地下 実験室 

冒険者ギルド物語2の私的攻略記事

Ver6.00雑感2

Ver6.00以降、個人的価値の上下

↑↑↑マリー、ネコマタ
↑↑リリーナ、ケルベロス、ゲオルグ、ファリア、クラマ
↑ヘリウス、セッタ、ファウスト
↓↓↓名前出てない人

種族(魔造生物含む)
↑↑エルフ、アマゾネス、兎、金竜
ドワーフ、猫、ニュート、鬼、天狗、フラソ、ユニコーン、銀竜、黒狼
↓人間男、サイキック
↓↓エンキドゥ

職業
↑↑剣士
↑狩人、秘法剣士
↓侍

Ver6.00以降の戦闘

【パリィと大盾】
これらの登場により、追加ダメージが低い近距離多段攻撃が安定しなくなりました。よって、今後の近距離アタッカーには、追加ダメージを伸ばす、攻撃頻度を増やすなどの対策が必要になるでしょう。
なので、今まで大活躍できたエンキやサキュの秘剣は今後苦しくなるかもしれません。
ここでいう追加ダメージというのは、最終ダメージではなく、倍率を抜いたプラス値の方だと聞いています(確定情報ではないです)。なので、変換で攻撃力を伸ばしたペガサス聖マなどはまだまだ頑張れるかもしれないです。

【エンキドゥの弱体化】
エンキドゥはLv99スキルで大きな制限を受けることになります。その戦闘中だけですが、敵を1体倒すたびに最大HPが5%減少してしまうため、今後はエンキだけで敵を蹴散らすといった運用は非常に難しくなります。フィニッシャーとしてのみの運用、レベル90を大量に準備する、レベルが上がらないように制限をかけるなどやり方は様々ですが、ぼくは代替アタッカーを考えた方がいいと思います。

【結界対策】
結界持ちの敵が増えるようです。手数で破るのもできなくこないですが、秘法剣士のブーストを活用した方がスマートでしょう。
広告を非表示にする